口臭予防のその前にチェックしよう!

口臭予防の前に、どのような原因で口臭がするのか?口臭の種類を知って予防することが大切です。

口臭と言うのは、読んで字のごとく、「口が臭い」ということを意味しています。
会話している時や呼吸時に出されている息を
他人がかいで不快だなと感じた臭いを口臭といいます。

画像

この不快な臭いである口臭の原因と言うのは
90%以上口腔内が原因だとされています。

その臭いは元となるものの種類によって違ってきます。

例えば卵が腐ったような臭い、魚や野菜が腐ったような臭い、
生ゴミのような臭い、どぶ川のような臭いがします。

こういった口臭が無い人というのはいないというのが現実です。

また口の内には常時約200種類もの細菌が潜んでいると言われています。

口腔内の新陳代謝は身体のどの組織よりも早いために死滅してしまった粘膜組織が多くなってしまい、たんぱく質が細胞に分解されてしまって臭いの元が作られます。

これが常にものすごくたくさん作られてしまうと言うわけです。

しかし唾液が口腔内の清潔さを保ってくれるのですが、
お口のケアを怠ると歯周病や虫歯の原因となり、悪化して口臭が発生してしまうんです!

口臭予防には、口を清潔に保つことが大切です。病気によって口が臭くなる病的口臭もあります。

生理的口臭と病的口臭の違いとは?

人間の口臭は、その人の生活習慣や身体や口の状況によって左右されます。

口臭の原因は、いろんなものがあります。生理的な口臭と病気による口臭にわけられます。

先ずは生理的口臭についてご紹介します!

口の臭いは、健康状態や年や男女差に関係なく発生します。

口の中が、自分自身で少し不快な感じになるため、本人に自覚症状があることが多いようです。本人の生活習慣、精神状態などによって口臭が発生します。
世間で言われている多くの口臭は、生理的口臭になります。

生理的口臭は、さまざまなものがあります。
具体例で見てみましょう。

にんにくやねぎなどが入った餃子など臭いの強い食べ物やお酒を飲む

舌苔といわれる舌の汚れがたまっている

精神的な強いストレスや睡眠などによる口のなかの乾燥

タバコを吸っている

年を取ったことによるもの

女性特有のホルモン変化や身体の代謝によるもの

次に病的口臭について見ていきます。

病的口臭は、歯の病気と、耳鼻科や内科的な病気によるものの二種類にわけられます。

他人から見るととても強い臭いのことが多く、本人の自覚症状がないことがほとんどのようです。

歯の病気によるものとしては、虫歯や歯周病などが原因のものがあります。もちろん歯に歯石や食べかすが残っていることで口が臭うこともあります。そして耳鼻科や内科的な病気が原因のものもあります。

副鼻腔炎ちくのう症、呼吸器疾患、腎疾患、糖尿病、肝機能障害によるものがあります。肝炎や糖尿病からくる口臭は、独特のすえたような臭いがあります。

薬や二日酔いのような臭い、甘ったるい臭いだといわれた時は、病気の可能性があります。

病的口臭への対処方法としては、虫歯や歯周病の治療を行ってください。

もちろん病気の場合は、
その病気そのものを治療して治すことをしてください。

口の病気の場合でも、
歯医者さんへ行って治療をしてみてくださいね。虫歯や歯石を取るだけでもすごく口臭がなくなることもあります。

口臭を防ぐおすすめアイテムをご紹介!

とはいっても口の臭いは、やっぱり気になります。人前でしゃべることが気になる人も・・・
当サイトが独自で調べた口臭予防のおすすめ商品をご紹介!ご参考にしてください!

これを使ってあなたも気になる口の嫌な臭いを撃退しよう!

画像

このページの先頭へ