口臭の原因(その2)

口と言うのは物を食べるところです。何か物を食べてその食べかすが口の中に残ってしまいます。

これを歯垢といいます。

この歯垢が口の中にある最近と合体し、腐敗発酵を起こし、育ててしまうのです。これが口臭をもたらしている原因と言えます。

口臭の原因となる主な成分ですが、揮発性硫黄化合物(VSC)というものです。聞きなれない言葉だと思いますが、簡単に言うとメチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドなどが挙げられます。

口臭の主な原因とは大きく分けて3つあるとされていますが、以下にその原因をご紹介します。

生理的な口臭

これは、人間誰もがもっている臭いのことです。
基本的には本人も、他人も気にならない臭いなのですが、歯垢を放っておいたり、緊張して口が渇いた状態になったり、朝起きた直後や食後3時間後のあたりになど少し不潔にしてしまうとその臭いが悪臭に変わってしまいます。

生理的な口臭と言うのは、解消する方法がありますので神経質に悩むことは無いと思います。

病気が原因で起こる口臭

病気と言うのは「口の中の病気」と「その他の病気」に分けられますが、ここで言う口臭の原因となる病気は圧倒的に「口の中の病気」と思ってよいと思います。

食べ物が原因で起こる口臭

ニンニクや、ニラなど臭いの強い食べ物が原因で起こるのも口臭の特徴の一つです。
アルコールやタバコも同じです。

これは、一度体内に取り込まれた臭いの元が胃で消化され、血液、肺を経由して吐き出されることによって起こるとされています。これは、歯磨きなどして口の中をきれいにしても臭うことがあります。

口臭を防ぐおすすめアイテムをご紹介!

とはいっても口の臭いは、やっぱり気になります。人前でしゃべることが気になる人も・・・
当サイトが独自で調べた口臭予防のおすすめ商品をご紹介!ご参考にしてください!

これを使ってあなたも気になる口の嫌な臭いを撃退しよう!

画像

このページの先頭へ