口臭の自臭症の原因について

口臭の自臭症の原因は、他臭症と同じ細菌があげられます。

細菌の中でも酸素が嫌いな細菌である嫌気性菌という細菌がいます。その細菌が原因といわれています。
しかし、量は他臭症の人と比べてみるとものすごく少ないようです。しかし臭いが発生してしまうようです。

その原因としては、断続的に臭いを発生してしまうからで、嗅覚というは連続的な臭いには鼻が麻痺してしまうようです。一方、断続的な臭いは、臭いが続かないために鼻が臭いを感じてしまうのが理由です。

画像

自臭症の人は、どうしていつも臭いを感じてしまうのでしょうか?
その原因としては、以下のことが挙げられます。

朝起きた時に臭う口臭

睡眠時には唾液の分泌は、止まっています。そのために口の中が乾いてしまいます。そして口の内の細菌が増えてしまいます。そのため朝起床すると口臭を感じてしまうのがほとんどです。

食時中に感じる口臭

食事中は唾液が分泌する量が活発になり多くなります。そして自浄する働きが働いて口臭が感じにくくなるものです。食事する食べ物の種類によっては臭いが口の中に残ってしまった感覚があるので臭いを感じる場合があるようです。

嫌気性菌が増えることによる口臭

昼食前や、夕食前など空腹になると口腔内の「嫌気性菌」という細菌が増えて、口臭を自覚してしまいます。

緊張した時に感じる口臭

見知らぬ人と接する機会が多かったり、よく緊張するのが多い人もいるかと思います。緊張した場合、声を出すことがなくなってしまいます。また体の舌の動きが停止してしまいます。

それと同時に唾液が分泌する活動も止まってしまいます。よって嫌気性菌の活動がとても活発になってしまいます。その為に口の中の臭いが充満して口臭を感じてしまうということになります。

口臭を防ぐおすすめアイテムをご紹介!

とはいっても口の臭いは、やっぱり気になります。人前でしゃべることが気になる人も・・・
当サイトが独自で調べた口臭予防のおすすめ商品をご紹介!ご参考にしてください!

これを使ってあなたも気になる口の嫌な臭いを撃退しよう!

画像

このページの先頭へ