口臭と肝臓の関係

口臭は、あなたの肝臓が原因で発生する時があります。

おおよそ40歳過ぎの人で多く起こる場合が多いようです。普通、肝臓の働きが正しく働いていると、臭いの元となる物質が分解されますので口臭が起こることはありません。

あなたが食べた食べ物は、口から体の中に入っていきます。口から入ると、胃で吸収しとかされて、腸で栄養が吸収されます。そして食べ物は、分解されます。その後、体の血液の流れに乗って肝臓に送り込まれます。

このとき、口臭の元となる物質も肝臓に送り込まれます。一般的には、体の代謝によって体の外へ出されるものが、肝臓の動きが低下することによって分解しきれなくなり臭いが発生してしまうと言うケースになります。

この時に起こる臭いはネズミ臭とも言われています。

画像

口の中が苦くなるような感覚が人によっては、あるようです。また口臭がすごく悪化するとカビのような臭いや、卵が腐ったような臭い、それにニンニクが混ざったような臭いなどがしてくるようです。

自分自身で口の臭いを判断するのは困難です。
自分の口臭を自己チェックするためには、コップなどに息を吐いて一度手でフタをして少し時間を置いてからコップの臭いをかいでみて判断するという方法もあります。

自分の臭いをかいで判断するのは難しいです。よく飲酒する人などは肝臓に負担がかかり、弱っている場合が多いと思います。一度自分自身で臭いのチェックをしてみることをお勧めします。

自己チェックして口臭など気になるようでしたら、一度内科で肝臓の検査を受けてみてください。

肝臓を正常に戻しても口臭が治らない時は、口の中に原因があるとも思えます。
口の中のケアなどもこまめにするように心がけてください。

口臭を防ぐおすすめアイテムをご紹介!

とはいっても口の臭いは、やっぱり気になります。人前でしゃべることが気になる人も・・・
当サイトが独自で調べた口臭予防のおすすめ商品をご紹介!ご参考にしてください!

これを使ってあなたも気になる口の嫌な臭いを撃退しよう!

画像

このページの先頭へ