自臭症と他臭症

口臭が気になる人の中に、歯磨きを丁寧にしても、舌を磨いてみても口臭が消えないという場合があります。

そんな症状の人を「自臭症」と言います。

「自臭症」の人は、臭いの元になるものを99%取り除いたとしても、なんとなく臭いがあるんじゃないかという感覚が残っている感じの人を言います。この現象を「ウェーバーヘッヒナーの法則」と言うようです。

画像

自分が口臭だと思うほど、他人からしてみれば全く感じないようです。なぜかというと臭いの元はほとんど取り除かれているからです。ですから、あまり気にしない方がいいのではないかと思うのですが、言うほど簡単なことではないですよね。

その一方、いつも周りの人が臭いと感じる人がいます。たいてい原因は歯周病だそうです。しかし当の本人は全くその臭いを自覚していないということなのです。不思議ですよね。その理由としては、連続的に臭いがあるために、嗅覚が麻痺してしまって感じなくなってしまっているからなのです。

自臭症の人は、断続的に臭いが発生している為に、臭いが鼻についちゃう感じになり常に口臭があるのではないか?という感覚になってしまっているのです。

口臭の治療と言うのは、自臭症と他臭症と方法はまったく違います。

根本から治すのは難しいのかもしれませんね。自臭症の場合は、舌の白いもの(舌苔)を取ったり、朝起きたらすぐ歯を磨いたりと家でのケアを忘れないようにして気にしないことが大切です。自臭症の場合は、歯科クリニックに出向き診てもらいましょう。

口臭を防ぐおすすめアイテムをご紹介!

とはいっても口の臭いは、やっぱり気になります。人前でしゃべることが気になる人も・・・
当サイトが独自で調べた口臭予防のおすすめ商品をご紹介!ご参考にしてください!

これを使ってあなたも気になる口の嫌な臭いを撃退しよう!

画像

このページの先頭へ