口臭に注意する時間があるのを知っていますか?

口臭には、日中において特段に気になってしまう時間帯があります。
いくつかその時間とポイントをあげます。口臭予防などのご参考にしてみてください。

朝起きた時

朝起きた直後は、口の中が乾いています。乾燥している上に唾液も粘ついた状態です。つまり口臭が、一番強く起こる状況にあるといえます。自分自身でも自分の臭いに気付くほど口臭が強いのがわかります。

お腹が空いている時

お腹が空いて空腹状態になると、血の中にある代謝する産物が影響して口臭が強く起こるようになります。
気をつけなければならないのは、特に朝食を食べなかった時には、お昼を食べる前にとても強い臭いが起きます。簡単な、おやつなどをを少し食べるなどして口臭が起こらないような工夫をしてください。空腹時の口の臭いには、注意するようにしてください。

緊張している時

とても緊張している時や、すごく興奮したときは口の中が一瞬で乾いてしまいます。みなさんもご経験があるかと思います。口の中が乾いた場合、唾液が出るのが完全に止まってしまいます。唾液の出る量が少なくなると、口臭が起きてしまうと言う悪いパターンになります。

みなさんは、口臭を防止するために、食後や気になる時に、歯磨きをすればいいのでは?と思いませんか?

一日に何回も歯磨きをしてしまう人がいるようです。歯磨き、ブラッシングをしすぎることによって歯の知覚が過敏になったり、歯そのものが弱くなってしまって虫歯などになりやすくなったり、歯磨き粉に入っている成分から口の中が乾きやすくなったりして口臭が発生してしまうことがあります。

歯の磨きすぎには、くれぐれも注意してください。

歯磨きは1日に2回が適当な回数だといわれています。時間帯は朝と晩に行うのがいいようです。

朝に歯を磨く理由としては、口の中に増えた細菌を洗い流す、夜については細菌を寝ている間に増やさないのがあげられます。

口臭を防ぐおすすめアイテムをご紹介!

とはいっても口の臭いは、やっぱり気になります。人前でしゃべることが気になる人も・・・
当サイトが独自で調べた口臭予防のおすすめ商品をご紹介!ご参考にしてください!

これを使ってあなたも気になる口の嫌な臭いを撃退しよう!

画像

このページの先頭へ