口臭の治療法(その1)

口の中の口臭の原因がある場合の治療についてご説明します。

画像

舌苔

舌苔(ぜったい)といわれています。口臭の大きな原因の一つです。

これは舌の表面に白っぽい、または黄色っぽい苔のようなものが付いた状態のことです。これが舌苔というものになります。

これの原因となるのは、口の中の細胞が死んでいったり、新陳代謝によって粘膜上皮の細胞がはがれたり、食べ物のカスがその元になったりしています。これが細菌が分解することにより、口臭の原因となってガスになり口が臭うもとになるということになります。

舌苔を取り除く方法としては、専用の舌ブラシを使用する、柔らかめの歯ブラシを使用します。

使用方法としては、舌の奥の喉よりのほうから前の方に優しく磨いていきます。やりすぎると舌を傷つけてしまいますので注意してください。

唾液

唾液には口の中を洗浄する働きや抗菌の働き、粘膜を保護する働きなどがあます。

口臭を防止するために、唾液は一役買っているといえます。このために唾液が分泌する量が少なくなった場合、口の中が汚くなってしまい、また乾いてしまうために口臭が起きやすくなってしまいます。

普通、食事をしたり、会話で喋ったりすることで唾液の分泌する量が増えます。病的な場合は、ドライマウスという項目でインターネットなどで調べてみてください。

口腔ガン

口の中に出来るガンのことです。このガンによって口臭が起こる場合があります。
口の中に少しでも異常な感じや違和感を感じた時には早めに歯科医師に診断してもらうようにしてください。

義歯

毎日食事の後は寝る前にキレイに洗ったり、消毒したりして使用することにしてください。
一度入れ歯に色や臭いが付いてしまうと取れません。ご注意してください。

口臭を防ぐおすすめアイテムをご紹介!

とはいっても口の臭いは、やっぱり気になります。人前でしゃべることが気になる人も・・・
当サイトが独自で調べた口臭予防のおすすめ商品をご紹介!ご参考にしてください!

これを使ってあなたも気になる口の嫌な臭いを撃退しよう!

画像

このページの先頭へ