口臭の治療法(その2)

口臭の治療する必要があるものは全身の体の病気から起こるものもありますが、これは全体の10%以下ほどです。残りの90%以上は口の中の病気が原因で起こるといわれています。

口の中の口臭の原因がある場合の治療についてご説明します。

歯周病

歯を支えているのは、歯槽骨といわれている骨です。これが歯周病になると溶け出してきて無くなってきます。歯ぐきの部分がブヨブヨした感じになってしまいます。こうした症状になった場合に、出血してきたり膿が出たりして次第に歯がグラグラしてきてしまう病気のことをいいます。

このグラグラした歯とブヨブヨした歯ぐきのすき間には、たくさんの数の細菌が存在してしまいます。揮発性硫黄化合物という臭くにおう原因となる細菌を発生して口臭になってしまうということです。

こうなって口臭が起こったら、歯医者さんで早めに診察を受け治療してもらうようにしてください。最悪の場合、悪化してしまい、歯が無くなってしまうケースもあります。

虫歯

虫歯が悪くなってくると口臭が、だんだんと臭くなり強くなってきてしまいます。更に神経までいってしまうと悪臭となりとても強烈な臭いになってしまいます。こうなる前に、虫歯は早めに診察を受けて治療してください。

歯垢

プラークといわれる細菌の塊のことです。これは歯と歯の間に食べかすがたまってしまっている状態です。朝夜の歯磨き、ブラッシングをきちんとしていても磨き残しがあるくらい頑固に残ってしまうのがプラークです。定期的に歯医者さんなどに行ってケアをしてもらうようにしてください。

歯石

歯垢、プラークが固まって硬くなってしまったもののこと。残念ながら、自分では除去することはできません。歯医者さんで取ってもらうしか方法はありません。歯石は、取らずにそのままにしておくと歯周病などのの原因になります。

口臭を防ぐおすすめアイテムをご紹介!

とはいっても口の臭いは、やっぱり気になります。人前でしゃべることが気になる人も・・・
当サイトが独自で調べた口臭予防のおすすめ商品をご紹介!ご参考にしてください!

これを使ってあなたも気になる口の嫌な臭いを撃退しよう!

画像

このページの先頭へ