口臭の悩み(その3)

口臭が親からの遺伝ではないかと思い込んでしまったいろんな人の話をします。

20歳の男の人は、普通口の中に食べ物などの汚れがあったり、ごくたまに口臭がひどい時がありました。

それに気づいて、早めに歯医者さんなどの病院に行って見てもらえばそんなにひどくならなかったかもしれません。歯医者さんにも病院にも行かずにただ口臭で悩むようになりました。

そして段々と口臭の不安がエスカレートしてきて、口臭があるのは親のせいだと思い込んでしまったそうです。

そのせいで会社に出勤しなくなったり、社会生活や人との会話がやりづらくなったなどと親を責め立て、家庭内暴力にまで発展してしまいました。

ここで一つ間違い、その人の失敗があります。

口臭と言うのは口腔内を汚く不潔にしていることなどで発生するものです。
すなわち決して親などからの遺伝では発生しませんので勘違いしないようにしましてください。

画像

高校生のかわいい女性のお話です。

ある日学校でボーイフレンドと話をしているときに、「おまえ口が臭い」と言われました。

そしてそれがもとで学校への登校を拒否するようになってしまったそうです。

たまに学校に行っても、いつも口元にハンカチをあてた状態で会話をしていたり、授業中もハンカチをあてていたりでいつも学校にいる間は、顔を隠すような感じで過ごしていたそうです。

そのハンカチをあてている格好がおもしろくまたおかしいと周りの人に思われました。そして彼女をいじめの対象としてしまい、結果すごくいじめられるようになったそうです。

口臭を気にしすぎるあまり、精神的におかしくなって不安に陥っちゃった状態です。こうなる前に少し恥ずかしいかもしれませんが勇気を出してください。

口臭を治療する専門の病院に行ってみてください。

口臭の原因を見つけて、治療をしてください。そうすることにより、不安も解消されよりよい学校生活が送れるようになると思います。

これは思い込みで悩んでしまった人のケースです。

30歳の会社員の女性の人のお話しです。しっかりとしたスーツを着て、お化粧もきちんとしていて口臭も全くある様子はありません。

ある時、オフィスの中で同僚の人達が自分のことを見て、こそこそと話をしているのを見てしまいました。

その同僚達の話が自分の口の臭いに関するものだと早とちりして思い込んでしまったのです。そのせいであまり会社の同僚ともしっかりした話しをすることができなくなりました。そして暗い会社生活を過ごしていたそうです。

しかし、あるとき会社に持っていくカバンを新しく買った時に同僚などの反応が変わったそうです。

この女性は会社に行くのに、少し変わった柄のカバンを使っていました。同僚達は、そのカバンの変な柄について会話をしていたみたいなのです。

人の思い込みは、とても怖いものです。

口臭があると一人で思い込んでしまった場合、その思い込みを治す理由を探して納得する必要があります。このような勘違いを教えるのも口臭の治療方法の一つとして言われています。

他人に指摘をされてしまうと、どんどん誰かとコミュニケーションすることが怖くなってしまう場合もありますよね。

あなたの生活に悪い影響が出てしまうほど悩んでしまう場合、勘違いでもいいので歯医者さんや病院に行って診断を受け、安心をもらったことが大切です。

一方、病院でお医者さんに「あなたの口は少しも臭いません」と言われても、一度他人に「口が臭い」と指摘された経験があるとなかなかそれを受け入れることができない場合が多いようです。ですから勘違いだということを教えると言うことも口臭治療のひとつなのではないかと考えられています。

口臭を防ぐおすすめアイテムをご紹介!

とはいっても口の臭いは、やっぱり気になります。人前でしゃべることが気になる人も・・・
当サイトが独自で調べた口臭予防のおすすめ商品をご紹介!ご参考にしてください!

これを使ってあなたも気になる口の嫌な臭いを撃退しよう!

画像

このページの先頭へ