わきが体質の人はどれくらいいるの?

わきが体質の人はどれぐらいいるのでしょうか? よく肉食の外国人は、わきの臭いがキツイといいますね。
わきが体質の割合は、日本人10人に1人、欧米人は10人に8人程度といわれています。

昔と比較すると日本人も肉食になっており、割合は増えているともいわれています。 人間も動物です。わきがも一種のフェロモンや異性へのアピールともいえるかもしれません。 動物によっては、発情期や自分の縄張りを示すために臭いをアピールする種類もいるようです。

わきがの臭いの原因は、わき下のアポクリン腺といわれる場所から出される汗が原因です。

しかしこのアポクリン腺から分泌されるものには臭いがありません。 その汗が皮膚上に分泌されると皮脂腺から分泌された脂肪分やエクリン腺から分泌された汗と交じり合って細菌に分解されます。 そしてわきがの臭いを発生する物質がつくられるようです。

わきがの診断方法については、アポクリン腺の確認、耳垢の状態、親族にわきがの人がいるか、お医者さんによる判断などがあります。 この中で気になるには遺伝でしょう。片親がわきがの場合は約五割、両親がわきがの場合約八割の確率で遺伝するようです。

わきがの治療は、手術で治す方法とそれ以外の方法があります。 先ずわき毛の処理をすることによって、汗などと交じり合った細菌からの臭いを防止することができます。 わき毛を剃ったとしても原因であるアポクリン腺をなくしたわけではありません。よって効果が続くというわけではありません。 もちろん制汗剤などを一緒に使うといいでしょう。

では制汗剤は、わきがにきくのでしょうか? 制汗剤は、ドラッグストアーなどで多くの種類が販売されています。 エイトフォーなんかが有名ですね。 わきの臭いには、どうなんでしょうか?制汗剤は、殺菌作用があります。わきの下の皮膚にいる細菌を殺して、汗が分解されていやな臭いのもとを防止することができます。 しかし制汗剤も根本的な原因であるアポクリン腺を無くすわけではありません。一時的なわきがの臭い防止策といえるでしょう。 軽いわきが程度の場合は、制汗剤やわき毛処理をすることによって臭いを抑えられることができると思います。

最近ではボトックス注射をすることもあります。ボトックスを注入することによって、汗の分泌を促すアセチルコリンを抑えます。 つまりわきの下に汗を出すことを抑えます。ただし永久的なものではありません。 1回のボトックス注射でだいたい4ヶ月から6ヶ月間程度の効果があるようです。

わきが手術について

次に手術療法を見てみましょう。
手術療法は現在ではたくさんの種類ものがあります。

剪除法
一番よく実施されている手術療法。腋の皮膚のしわにあわせ、3センチ程度の切開を1本もしくは2本入れます。 指で皮膚を裏返しして、確認しながらハサミでアポクリン腺を切り取ってしまう方法です。

吸引法
わきの上部を1センチほど切ります。そして脂肪吸引などに使用されるカニューレと呼ばれる器具を挿入します。 吸引器具でアポクリン腺を吸い出す手術療法である。これを改良したものは、超音波吸引法を呼ばれています。

皮下組織削除法
ローラーとカミソリ刃がついた器具を使用する手術療法。わき上部を1.5センチほど切り、そこから腋の下に器具を挿入します。アポクリン腺を削除する方法です。

切除法
わき毛が生えている部分の皮膚を切り取る手術療法。わきの皮膚部分を大きく切り取るので、運動障害の後遺症が残ることもあります。

手術療法は、再発することもあります。特に未成年の場合、手術によってアポクリン腺を取り出しても再度発達してしまうことがあります。 もちろん手術ミスによりアポクリン腺の取り残しにより再発することもあります。

このサイトでは、みなさんに役立つ治療や手術の情報をご提供いたします。
ご参考にしてください。

このサイトについて

わきがの治療と手術

わきがの治療方法などについてご紹介いたします。
わきが手術をする場合、病院の選び方やわきが治療方法などについてご紹介いたします。

わきがのマメ知識

わきがについて知ることは、とても大切です。
わきがの原因や臭いを消す方法などを知ってわきが対策をしてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ