わきがの治療をする大学病院の選びかたは?

わきが手術と大学病院について、少しお話したいと思います。

わきがの手術を受ける時、大学病院などの総合病院の形成外科で治療を受けると保険が適用されます。 保険適応なので、適用外と比べてかかる費用は安くなります。

もちろん、大学病院などの総合病院においては、わきがの治療を専門的に行っているわけではありません。
手術前のカウセリングの段階で、わきがと間違って判断し、必要ない手術をしてしまうことなどもあるようです。

精神的に臭っていると一人で思っている人や、手術をするほどでもない軽症の人が手術をすることになってしまいます。

このようなことにならないように、わきが症状の診断は、大学病院ではなく専門の病院やクリニックで受ける事をお勧めします。

初めは専門のクリニック等でカウンセリングをし、わきがで手術が必要と言われた場合に、保険が利く大学病院などで手術を行くことにしてもよいのではと思います。

わきが手術に適した医師の選び方

伝統的な日本食から食事が欧米化してきました。そのため、わきがの発生率が低いと言われている日本においても、わきがに悩む人が増加しています。 それに伴って、日本でもわきが治療を行っている美容外科が増えています。

わきが治療に関しての良い病院やクリニック、そして医師を選び出すポイントを簡単に紹介したいと思います。

・常に最新の手術やわきが治療に関し、情報を仕入れている医師、美容外科である事
・治療の前などの事前カウセリングに力を入れている事。
・高度な技術をもっており、わきが治療手術の経験が豊富であること
・過剰広告はしていない
・わきが手術に対してのデメリットもきちんと説明してくれる

これらの条件をクリアした美容外科や医師は、安心してわきがの手術を任せられると思います。

手術をする前に、しっかりとカウンセリングを受けてください。
そして大切なポイントを調べる事を忘れないようにしてください。


このページの先頭へ