わきがの治療と保険について知っておくべきこと

わきがの手術にかかる費用は、どれぐらいの金額がかかるのでしょうか?
インターネットのサイトやチラシなどで費用を見てて貰えば簡単に調べることができます。

わきが手術の費用が高額な理由は、保険の適用外になるからです。
ただし一部の病院においては、わきが手術に保険が適用される場合もあります。

保険が適用されるケースは、メスで大きく体を切る手術で、切除法や切開剪除法のような手術の場合です。

上記に記載した手術法なら、保険を適用している病院やクリニックがあります。
しかし上記の手術法で治療しても、保険が効かない病院やクリニックがあります。手術を受ける前に、病院やクリニックで聞いたりして調べるようにしてください。

わきがの治療を行う場合、2種類の方法があります。
その治療方法とは、自費で行う自費治療と保険で行う保険適応治療です。

治療費にかかるお金は、保険が適応されるかどうかで、負担金額がすごく違ってきます。

具体的には、切開剪除法でわきが手術を行った場合、保険が適用されると3万円から5万円の金額で手術を受けることが可能です。 保険適応外になると25万円から30万近くの費用がかかります。 負担金額の差は、20万円程度違います。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

同じわきが手術なのに、病院によって保険が異なるのでしょうか。

わきがの手術は症状を治すものではなく、悩みを治すものと判断されてしまうことが原因です。
わきがの治療専門の美容外科などでは、保険が適用外になってしまうのが現状です。

わきが手術に必要なお金のことを考えると、保険適用の病院や手術法を選びほうがよいかと思います。

しかし保険適用外のわきが治療専門の病院においては、手術や治療の経験が豊富で、治療効果も高いというところが多いようです。 必要な費用や治療費だけを重視するのではなく、自分に合った病院を選び、わきが治療を受けるようにしてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ