わきが治療の超音波法とボトックス治療法

わきがの治療法の最先端の手術療法の一つとして、超音波法があります。

超音波法とは、数ミリわきの皮膚を開き、その部分から超音波発生器を入れます。そしてわきがの原因となっている皮脂腺やアポクリン腺、エクリン汗腺を壊して除去する治療法のことです。

従来のわきが治療の手術と比較すると、超音波法は切開する範囲が小さく傷跡も残りにくいのがよい所です。
超音波法の特徴は、体への負担を最小限に抑えることができます。

お仕事などが忙しくてなかなか時間がとれない、人に気づかれたくない人は、術後の回復が早いため、お勧めなわきがの治療法です。

わきがの治療手術は、皮膚の下の組織を完全にとり毛根まで取る方法です。しかし超音波法は、わき毛を残す事もできます。
手術を受ける前に医師とよく話し合うことが重要です。男性の人も安心して治療をうけることができるのが超音波法です。

わきがのボトックス治療とは、わきがや多汗症の治療に行われる治療法です。

注射でボツリヌス菌が作る毒素を使った薬を注入します。これは、3ヶ月から6ヶ月ほどエクリン汗腺の活動を止める作用をもっています。
このボトックス治療は、多汗症の治療にも効果があります。

わきがの臭いの原因となる汗線は、エクリン汗腺ではなくアポクリン汗腺です。わきがの症状が重い場合、あまり効果は期待できないことが多いようです。

ボトックス注射は汗を抑えることができます。しかし臭いを出すアポクリン汗腺については効果がありません。

軽度のわきがで悩んでいる、わきがだけでなく多汗症の症状がある、メスを使った治療に抵抗がある人は、一度試してはいかがでしょうか。


このページの先頭へ