わきが手術の必要性とリスクは?

わきが手術の必要性とリスクは、どうのようなものがあるのでしょうか。

わきがの対処法は、サプリメントなどの薬や制汗剤、清潔にするなどの多くの対処法があります。

しかしそれらは一時的な効果しか望むことが出来ません。 わきがを根本的に治療する、手術でわきがの原因を取り去る方法しかありません。

原因となるアポクリン汗腺を取り除くわきが治療の手術が基本といわれています。
しかし、メスを使う事が多いわきがの手術は、傷跡や再発、合併症や後遺症などのリスクがあることもご存知かと思います。

しかし最近は医学の発達により、再発や後遺症の可能性も低くなってきています。傷跡が全然残らない手術なども多くなっています。

今までは、わきがの手術に少し恐怖や不安を感じていた人でも、手術という治療方法も検討してみてもよいかと思います。

わきがの症状が軽度から中度の場合、危険やリスクが少ない吸引法や、超音波法の手術方法がよいかと思います。 体に大きな傷をつけたくないという場合、このような方法がいいでしょう。

わきがの症状が重度の場合、危険やリスクもあがりますが、メスで切開する手術を行うことがよいかと思います。

リスクを重視しすぎると、わきがの症状に対して治療法の選択を間違ってしまうケースもあります。 手術をして、治療を受けても、思ってほどの効果が出ないこともあります。

手術方法を選ぶ時は、医師としっかり話し合い、カウセリングを受けるようにしてください。
長期間悩んでいたわきがを治すのですから、納得できる方法で手術や治療をしたほうがよいかと思います。


このページの先頭へ