わきが手術の切開剪除法と皮下組織削除法

わきがの手術で行われる切開剪除法についてみてみたいと思います。

わきが手術の切開剪除法とは、わきの下を切開して皮膚をひっくり返し、直接目視しながらアポクリン汗腺を、取り除く手術方法です。実際に目で見ながらアポクリン汗腺を排除する方法なので、取り残しの可能性も少ないと考えられています。
切開剪除法は、わきが治療の中でも効果が高い手術法といわれています。

しかし、この手術方法はわきの下に切れ目を入れるため、わきに傷跡が必ず残ります。
またアポクリン汗腺は、皮膚に近い位置にあるため、綺麗に取り除くには医師の技術が重要になります。

切開剪除法の手術でわきが治療を行う時は、事前に病院や医師の技術があるかどうかを確認することが重要です。

また、切開剪除法はアポクリン汗腺だけ取り除きます。
わきがと併用して多汗症の症状があるケースは、他の手術法を選んだ方がベターだと思います。

わきがの手術で行われる皮下組織削除法とは、約1センチわきの下を切開して、特殊なローラーと剃刀のような物がついた器具で皮膚をはさみ、皮下組織を移動させながら削除していく方法のことです。

この手術のポイントは、皮下組織にあるエクリン汗腺やアポクリン汗腺、皮脂腺を全部取り除く事が出来ます。

皮下組織削除法のわきが手術は、この器具を使い慣れている医師に手術をしてもらうほうがよいと思います。 特殊な器具を使いますので、技術や経験が豊富な医師にお願いするようにしてください。

手術による傷跡は小さいですが、ローラーで皮下組織を全部取り除くので皮膚が薄くなります。 この状態は色素沈着しやすいために、入院が必要というデメリットも考えてください。

しかし、皮下組織削除法は、エクリン汗腺まで削除する事ができるので効果は高いと言えます。

多汗症の治療効果も同時にすることができます。

わき毛もある程度残す事ができますので、男性にもお勧めでのものです。自分の症状を把握して、自分にあった治療方法を選ぶようにしてください。


このページの先頭へ