わきがを予防しよう!

日本には、わきがの臭いで悩んでいる人も最近多くいるようです。

ここではわきがの予防についてみていきます。

汗腺が太く大きくなる原因は、動物性脂肪をたくさん摂取しすぎて、皮脂腺の働きが活発になるからのようです。 皮脂腺から出る油脂成分は、アポクリン汗腺とエクリン汗腺を発達させます。そして、わきがの臭いと汗の臭いを強くします。

欧米人の体臭が日本人より強い理由は、動物性脂肪を取る量が多いことがあげられます。また、タンパク質を過剰に取ると、多汗の原因にもなります。

タンパク質が肝臓内で分解されるとき、他の栄養素の約5倍の熱エネルギーが発生します。
汗の原因となるものはこの熱です。肉類を取ることを控えることで、臭いと汗の両方を予防することが可能になります。

また、食生活でもわきがのにおいを軽くすることができます。

においを抑えるために気をつける食生活です。

・アルカリ性の食品を中心とする。
・栄養のバランスを考え、なるべく多くの種類の食品を摂取する。
・ナトリウム、カルシウム、カリウムなどの緑黄色野菜や海草類で、ミネラル分を多く含んだ食品を摂取する。
・食事は規則正しく。
・胃に負担をかけないようにし、腹八分目にとどめる。
・刺激の強い香辛料の入ったものや、ニオイの強い食品やなどはできるだけ避ける。
・塩分と糖分を控える。
・良質の植物性脂肪を選ぶようにする。

以下の食べ物は、わきがのにおいを強くさせることがあります。

・高タンパク、高脂肪の酸性食品。肉類や卵などを多く取り過ぎない。
・好きなものばかり食べる偏食。
・有害な添加物を含んだ食品。インスタント食品など。
・食生活が不規則である。
・早食いや大食いで胃に負担をかける。
・酒、タバコを好む。
・香辛料やニオイの強い食品などが好きで、塩分、糖分を多く取っている。

食生活でわきがを少しでも予防することができます。
みなさんも自分の食生活を見直してみてはいかがですか。


このページの先頭へ