脱毛症いろいろ

脱毛症にいろんな症状があります。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は、頭皮における皮脂の過剰な分泌が原因で起こる脱毛症です。
特に食ことやシャンプー、洗髪の方法などによって皮脂が過剰に分泌され発症します。皮脂の過剰な分泌は、毛穴が詰まり髪の成長が妨げられます。

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)

乾性のフケが毛穴を塞いでしまい、炎症を起こすことで抜け毛が増えます。
フケには乾性のフケと脂性のフケとがあります。脂性のフケは脂漏性脱毛症の最初の症状となります。乾性のフケは過剰な洗髪や強いシャンプー剤を使うことで頭皮の必要な皮脂を取り除いてしまうことで発生します。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症の原因は老化、偏った食こと、ストレス、頭皮における血行不良などによって起こります。
症状としては頭部全体に髪の毛が薄くなります。予防するには、バランスの取れた食こと、規則正しいライフスタイル、有酸素運動などがあげられます。

円形脱毛症

「円形脱毛症」の名前は一般的に良く知られています。
症状としては何の前ぶれもなく、突然円形の脱毛が発症します。年齢男女は問いません。誰にでも出来る場合があります。その症状には頭部全体や体全身の毛が抜けてしまうことがあります。 以前は、ストレスがもとでなると言われてきました。最近では免疫機能の異常が原因で起こるという考え方になっています。

薬剤性脱毛症

この症状は薬剤の副作用によって引き起こされるものです。
よくご存知なものは、抗がん剤による脱毛が知られています。脱毛の症状は一時的なものといわれています。がん治療が終わると普通1、2ヶ月で髪の毛の再生が始まります。半年程では、治療前の髪の毛に戻る場合がほとんどです。


このページの先頭へ