脱毛症の原因って?

人にとって髪の毛は頭を守る大切なものです。
抜け毛に悩んでいる人はたくさんいらっしゃいます。

主な原因は以下です。
・シャンプーの回数が少なく頭皮が汚れ、皮膚での呼吸が難しくなるため。
・シャンプーやリンスなどの成分が合わず、誤った手入れによって頭皮が肌荒れして発生する。
・年をとることにより新陳代謝がおとろえ、毛母細胞に栄養が行かない。
・美容食品やサプリメントを多く取ったたことによる薬害

誤った手入れ

育毛や発毛を手入れする場合、今ではたくさんの情報が簡単WEBなどで見れるのでとても便利になりました。

もちろん誤った情報を手に入れたり個人の解釈の方法が間違っていると、髪の毛のケアに悪影響があります。

具体的な例としては、頭皮における皮脂は育毛をさまたげているなどです。
皮脂は頭皮や肌を乾燥から守るために分泌される成分です。

大きな間違いは、皮脂を汚れと認識して、強力なシャンプー剤などで取り除くことです。
洗浄力が強いシャンプー剤を使うことで逆に頭皮に肌荒れがおきて、脱毛症になってしますことがあります。注意してください。

新陳代謝の衰えによる毛母細胞の栄養不足

加齢にともない生え際が後退したり、髪の毛が細くなることはごく自然なことです。

しかしこのような場合、髪の毛と頭皮に十分な栄養を与えてやれば、改善される人も多いです。
育毛剤を使うことで栄養補給が出来て生え際の進行などを遅くできることもあります。

薬害

近年様々な病気の要因として高まっているのが、薬や健康食品などの摂取による薬害です。

髪の毛についても例外ではありません。

代表的なものに、健康食品、サプリメント、プロテイン、皮膚科の薬などがあります。 たくさんの薬の取りすぎは、体はもちろんのこと髪の毛にも良くありません。注意しましょう。


このページの先頭へ