育毛剤と頭皮は、肥料と畑の関係です!

最近は男性でも化粧品を使うようになりました。

髪にも気を使っている人は多くいます。
育毛剤も目的別にいろんな種類が発売されています。

市販されている育毛剤は、目的別に分けると大きく4種類となります。

1.頭皮の血液の循環促進と、毛乳頭への栄養補給
 効果としては毛髪の成長を促進します。
2.皮脂の過剰な分泌を抑える
3.毛母細胞を活性化させるビタミン、糖分などの栄養補給
4.男性ホルモンの働きを抑え、毛母細胞の働きを活性化させる。

頭皮や髪の状態によってこれらを組み合わせて使い整えます。

畑に例えると頭皮は、土の役目を担っています。

良く肥えた土には栄養分があり、食物も元気に育ちます。
これと同じ様に頭皮の状態が整っていれば、髪も丈夫で元気に生えてくるのです。

逆に土が肥えていないとそこには食物も生えてこなくなります。

種が風に運ばれてきても、栄養がなく食物は育ちません。
育毛剤は頭皮を耕す役目です。肌に合わないものを使うとと逆効果になります。注意してください。

少し悪い言い方ですが、育毛剤は肥料と同じで大地そのものを肥やすことになるのではありません。

丈夫な髪の毛を育たせるためには、頭皮そのものが健康であり血の流れが必要です。
同時に必要な栄養を体から摂取し頭皮の状態を良くすることも行わなければ根本的な解決にはなりません。

昔はやったCMで「髪は長い友達です」と言われていたように、死ぬまで長く付き合うものです。
育毛剤と栄養摂取をうまく組み合わせて丈夫な頭皮を保ちましょう。


このページの先頭へ