頭皮につける育毛剤の種類

育毛剤にはいろんなタイプのものがあり、様々な処方する方法があります。

直接頭皮につけるタイプの育毛剤が多いようです。
その種類について見ていきたいと思います。

大きくわけると医薬品と医薬部外品の2種類に頭皮につける育毛剤はわけられます。

代表的な医薬品には皆さんご存知の、「リアップ」があります。

この「リアップ」は医薬品です。しかし一般医薬品と呼ばれており、医師の処方箋が不要です。つまり薬局などで個人が簡単に、自由に買うことができます。

また、医薬部外品は医薬品より含まれる成分が少なく、そのため効き目も穏やかになります。 育毛剤として売られている育毛剤の多くはこの医薬部外品です。

次は直接頭皮につける育毛剤です。育毛シャンプーがあります。

メーカー間の競争も激しく、たくさんの種類の育毛シャンプーが発売されています。本当にどの種類のものを使うか迷ってしまいます。

人によっては、高級な品物は効き目がありそうと思い、使用されている人もいるようによく聞きます。 断言できませんが、強い刺激があるトニックシャンプーのようなものは頭皮によくないので使うのを止めていただいたのが良いです。

各社とも優れた製品であり、厳しい基準に基づいて製造されています。

危険なものでは決してありません。自分の頭皮に合っているかが一番大切なので慎重に選びんで使ってもらいたいものです。 化粧品と同じで「頭皮にやさしい」をコンセプトに発売されている育毛シャンプーもたくさんあります。薬局薬店さんなどで探してみて下さい。

ただしどんなに良い育毛シャンプーでも過度に洗髪に使うとと逆効果です。
効率良い回数で使うようにしてください。


このページの先頭へ