育毛と発毛に悪影響の要因は?

育毛、発毛に悪影響の要因としてタバコ、酒、紫外線などがあります。

人間の体にとって何も良いことはありません。タバコは「百害あって一利なし」です。
お酒も適量なら体に良いです。過度な飲酒はやはり体、髪の毛にとってよくありません。

育毛、発毛にとって何が悪影響なのか具体的に見ていきます。

タバコ

タバコは、ご存知の通り血行が悪くなります。

血管を収縮させる作用があるタバコの主成分のニコチンが働くからです。 血行が悪くなれば、もちろん頭皮の血液循環も悪くなります。

体の中で栄養が遅く届く頭皮には、全然栄養が行き渡りません。 また、一酸化炭素が血液に含まれるヘモグロビンと結合して酸素を運ぶ能力が低くなります。

栄養、酸素の供給が低くなると髪の毛の寿命は短くなり、成長速度も遅くなります。

お酒

体のなかでも「お酒は肝臓に悪い」といわれます。

過度の飲酒により、肝臓に負担がかかるとタンパク質が作られなくなります。 髪の毛の主成分はタンパク質はです。栄養が不足すると言うわけです。

肝臓はアルコールを分解してくれますが、やはり個人差があり日本人は弱いといわれています。 週に2日は休肝日を設定し、肝臓を休めるように心掛けてください。

紫外線

紫外線は頭皮に必要な皮脂を酸化させる働きがあります。

皮脂が酸化すると過酸化物質となって毛根における細胞を死滅させるので脱毛につながります。 また、髪の主成分であるタンパク質を壊し、キューティクルを痛めます。

キューティクルが痛むと水分が奪われて髪がパサついた状態になります。 紫外線が強い日は、帽子で直接紫外線を浴びないようにします。


このページの先頭へ