育毛とストレスの関係

育毛、発毛には、規則正しいライフスタイルを送ることが育毛剤などを使用することより大切です。

いくら高価で良い育毛剤を使っても、自分の体が不健康であれば、血行が良くなることもありません。髪の毛に栄養も行きません。

睡眠

髪の毛は睡眠中に成長します。

日中、体が活発に活動している時は体を動かすために必要な部分に栄養を供給します。 髪の毛の毛母細胞には栄養が届かないため、ほとんど成長しません。

一方睡眠時は体の活動が低下します。毛母細胞に栄養が多く届けられ、活発な新陳代謝により髪の毛が一番成長する時です。

髪の毛が一番成長するのは、午後10時~午前2時迄の時間帯です。体は、より深い眠りについているのが理想とされます。

深い眠りにつくことで成長ホルモンの分泌が促され、老化防止や成長促進になります。「睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれています。

ストレス

「病気は気から」といわれています。

薄毛、ハゲにとっては、ストレスなども非常に危険なものです。
ストレスがあると円形脱毛症になる人も多いです。

逆にストレスがあまり無い人は健康的です。

ストレスは交感神経を刺激します。体の毛細血管が収縮し、血流の量が減り全身へ栄養が運ばれにくくなります。

全身へ栄養が運ばれないと、頭にも同じで髪の毛も育たないとなります。ストレスをため込むと食欲不振や不眠症、過食症、消化器系の機能低下など体にとっても髪の毛にとっても悪いことが多いです。


このページの先頭へ