気になるシャンプーの選び方

ほとんどの人は、毎日シャンプーをしていると思います。

洗髪に使うシャンプーは、頭皮に合わないものだと必要な皮脂がはがれ落ちてしまい、脱毛症の原因になります。 育毛シャンプーを使っていても、効果が出ない場合は相性があっていないこともあります。

シャンプーはたくさんのメーカーからシャンプーがでています。

そのたくさんのメーカーのなかからの選び方をご紹介いたします。

大きく分けて4種類のシャンプー剤に分類されます。
それぞれに特徴があります。

1.石油系シャンプー剤
最近では環境問題でシャンプーメーカーも作らなくなっています。 以前はこの石油系タイプがたくさん作られ販売されていました。

2.高級アルコール系シャンプー剤
製造原価が安く、加工もしやすいのが特徴。メーカーが大量生産し、市場では一番多く販売されています。 「高級」は良質と言う意味ではありません。シャンプーに含まれる炭素数が多いことを表示しています。

炭素数が多い、と言うことはあまり頭皮や肌にとって良いものではありません。
主にニキビや肌荒れの原因、洗浄力が強いので汚れ落ちはよいものが多いです。一緒に必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。

3.アミノ酸系シャンプー剤
弱酸性のアミノ酸シャンプーは、刺激が弱く安全です。 選択洗浄性と言われる機能を持っています。必要なコレステロールなどは皮膚に残したまま、汚れを洗い流してくれます。

それ以外のシャンプー剤と比較してシャンプー後に頭皮のスッキリ感は味わえません。しかし必要な皮脂を残してくれている証拠です。 こちらはメーカーの製造原価が高く、お店で売っている価格も高いものが多いです。

4.石けんシャンプー剤
名前の通り石けんが主な成分です。成分として人体に害を与えるものは含まれていません。
一方洗浄力が強く皮脂を取り過ぎる、アルカリ性なのでキューティクルが開いて髪にきしみ感があるなどの特徴があります。


このページの先頭へ