育毛と正しいシャンプー方法のお話し

育毛においてシャンプーの方法はとても大切です。栄養が豊かな土地でしか丈夫な作物は育ちません。

髪の毛と頭皮の間においても同じです。正しいシャンプー方法を習得し、健康な頭皮、髪を維持してください。

シャンプーで大ことなことは「必要な皮脂まで取り除くほど洗い過ぎない」、「を頭皮にシャンプー剤残さない」ことです。

頭皮に必要とされる皮脂を取り除いた場合、皮脂を補おうと多く分泌してしまいます。
髪の毛や頭皮にシャンプー剤の成分が残ると頭皮の炎症を発症する時があります。

それでは正しいシャンプー方法について確認してください。

1.髪のもつれをブラッシングでほどきます。すぐにシャンプーはだめです。

2.頭皮を痛めないように注意しながら、最初にすすぎ洗いを行います。
適温は38℃前後のお湯です。2、3分行えば十分です。

3.手に取ってシャンプー剤を泡立てます。
よく言われますが、適量の大きさは500円玉程度にお湯を加えます。

4.泡立てたシャンプー剤を頭につけて髪と頭皮になじませます。
頭皮全体を指の腹で揉みほぐすようにシャンプーしてください。毛穴の汚れを落とすためには髪の根元に指を入れて小刻みにマッサージします。

5.髪の毛や頭皮のシャンプー剤を洗い流していきます。
いくら良い効能があるシャンプー剤でも残ると炎症の原因になります。しっかりすすいでシャンプー剤を洗い流してください。出来ればぬるま湯で3分はすすぐようにしてください。

6.髪をこすらないように、乾いたタオルで水分を取り除きます。
髪をタオルで挟んだり、押し当てたりして乾かしてください。


このページの先頭へ