髪の毛のヘアサイクル

髪の毛にも寿命があります。健康で正常な髪の毛もMいつかは抜けてしまいます。
でも、髪の毛が抜け落ちても同じところからまた新しい髪の毛が生えてきます。

この生え変わりは、繰り返し行われます。「ヘアサイクル」(毛周期)と呼ばれています。 育毛においては、このヘアサイクルについてぜひ知っておいてください。

ヘアサイクルは4つのサイクルでまわり、生え変わります。
「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」⇒「成長期」

成長期
「毛乳頭」から栄養分を受け取った「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返し行うことで髪の毛が成長する期間です。 かなり長い期間です。男性だと通常2~6年、女性の場合だと4~7年程度続くようです。

「成長期」である髪の毛は髪全体の85~90%を占める割合です。残りの10%前後は退行期か休止期です。

退行期
退行期にある髪の毛は全体の1%程度です。毛球が小さくなることで栄養が届かなくなります。毛母細胞の分裂が衰えている状態です。 退行期である期間はおよそ2~3週間です。

休止期
残り9~14%位は休止期となります。

期間は約2~3ヶ月。毛母細胞の活動が完全に止まって休んでいる状態です。 休止期になると髪の毛は自然に抜け落ちます。健康な髪の毛の持ち主でも1日約50本~100本抜けます。

「ヘアサイクル」がおかしくなると髪の毛が成長しきる前に抜けてしまいます。薄毛やハゲになったりします。 正常な髪の毛の成長のために育毛を行うことは、毛母細胞に栄養をしっかり送り続けることです。


このページの先頭へ