頭皮の汚れには注意ください

育毛に必要なものは、酸素と栄養素です。

皮膚呼吸で、頭皮は酸素を吸収しています。

頭皮が汚れで覆われてしまうと、皮膚呼吸がさまたげられます。毛母細胞への酸素の供給が足らなくなります。 酸素が不足の毛母細胞は次第に弱ってきます。その結果、髪の毛にも栄養が行き渡らずに寿命が縮まります。

脱毛症に多い原因がこの頭皮の汚れです。

いつもケアをして、頭皮を清潔に保ってください。

ハゲになるのは、男性ホルモンが多いからだと普通信じられているようです。この理由は、睾丸から分泌された男性ホルモンが、血液中に吸収され毛球部にたどり着くと、何らかの原因で悪い影響を及ぼし、髪の毛をダメにすると言われています。

思春期から壮年期にかけて男性ホルモンは最も多く分泌されます。この理論が正しければ、すべての男性はハゲになっているはずです。

ご存知の通り、思春期の男の子の髪の毛はフサフサと生えています。
つまり男性ホルモンだけが影響してハゲになると言うことは無いはずです。

脱毛の直接の要因ではないのですが、男性に多い状態として、男性ホルモンが豊かだと皮脂の分泌する量が多く、体温も上昇し、皮脂の酸化が早まるとことがあげられます。

皮脂が酸化すると汚れが付着しやすく脱毛症の原因となります。

つまり頭皮と髪の毛は、きれいに保ち続けることが重要です。

頭皮の状況が正常であれば、髪は丈夫に生えて育ちます。
まず頭皮のケアを行い、育毛、発毛のケアを効率良く行いましょう。


このページの先頭へ